はげしい運動だけがダイエットでは無く、ゆっくりと筋肉を伸ばすストレッチにもダイエット効果があります。

痩せたい顔足!ストレッチはなぜダイエット効果があるのか

多くの人がダイエットをしたことがあるでしょうが、ダイエットをする人の多くは、
カロリー制限や、運動でのダイエットをしたという人が多いようです。

 

はげしい運動だけがダイエットでは無く、ゆっくりと筋肉を伸ばすストレッチにも
ダイエット効果があります。

 

見た目のインパクトはストレッチにはないですが、代謝を活性化させるには、日々
のストレッチが効果的です。

 

筋力をつけることは、代謝の高い体質になるためには欠かせないことだといいます。

 

腹筋運動、腕立て伏せなどが、筋肉をつけるためには必要な運動だと思っている人
もいます。

 

ストレッチのような、筋肉の曲げ伸ばしを主体とするような運動でも、筋肉の増強
効果が期待できると言われています。

 

とはいえ、そもそも筋肉が体に蓄えられていない人は、ベースとなる筋肉をつける
ための筋トレから開始するといいでしょう。

 

運動が苦手な人は、無理にはげしい運動をするのではなく、ストレッチによってダ
イエット効果を期待することができます。

 

体を動かす機会がほとんどないという人は、毎日のストレッチを通じて、積極的に
運動をするようにしていきましょう。

 

長時間同じ姿勢でいると、血液の流れが滞り、筋肉まで運搬される酸素の量が少な
くなってしまいますので、ますます筋肉を動かしづらくなって、固く凝ってしまい
ます。

 

こわばっている筋肉をストレッチで柔らかくし、血流を促進することで、不要な水
分や老廃物が体から出ていき、筋肉に代謝に必要な酸素を送り込めます。

 

ストレッチ運動なら、1日数分でできますし、広いスペースがなくても行うことが
可能です。

 

痩せたい顔腹!ストレッチによるダイエットが体に良い理由について

ダイエットのためにストレッチをすることで、脂肪を燃やしやすい、ダイエットの
しやすい体にすることが可能です。

 

ストレッチをすることでダイエット効果だけでなく、他にも体にとって、とても良
い働きがあるので、健康な体つくりにはおすすめの方法です。

 

老化や運動不足などの影響により、体の筋肉は硬くなってしまいがちですが、そん
な人にはストレッチが最適です。

 

ストレッチをすることによって硬くなってしまった筋肉がほぐれると、血液やリン
パの流れもよくなって冷えやむくみが改善されるのです。

 

むくみがあると、太って見えることがありますので、ストレッチをすることで体を
細く見せることができます。

 

むくみは脂肪でないので、運動や食事制限によるダイエット方法では減らすことは
できませんが、ストレッチならば、むくみを解消することが可能です。

 

むくみを解消し、スリムな体になるためには、ストレッチで血液や、リンパの流れ
をよくすることです。

 

リンパの流れが滞ると、脂肪細胞の中に老廃物が蓄積されてしまうのですが、スト
レッチを行うことによってそれを防ぐことができます。

 

脂肪細胞の中に老廃物が蓄積されると、太ももやお尻やウエストなどにセルライト
ができて、皮膚の表面がでこぼこになってしまいます。

 

ストレッチには、セルライトができにくい体質を作る効果もあるので、ダイエット
に役立ちます。

 

毎日のストレッチは、ダイエットにいいだけでなく、お肌の状態を改善する作用も
得ることができます。

 

ストレッチは、道具もいらなければ場所もたいして必要ないので、魅力的なダイエ
ット方法のひとつでもあります。

 

 

痩せたい助けて!ストレッチで効果的にダイエットする方法

ダイエットのためにストレッチをしたいなら、どんな方法か有効でしょうか。

 

ダイエット効果のあるストレッチの方法について調べてみたところ、ストレッチを
行う時間帯が重要になるそうです。

 

お風呂から出た後が、ダイエットストレッチには適しています。

 

お風呂から上がった後は、体が温まっていて、筋肉のこわばりもほどけています。

 

そのため、ストレッチによる筋肉の伸縮運動がやりやすくなっています。

 

精神的にリラックスしていることも、よりストレッチ効果が高くなるプラスポイン
トになります。

 

逆にいうと、起床直後などの体が硬くなっている場合は、効果が半減するので、ス
トレッチに向いていない時間帯なのです。

 

筋肉がまだ固い段階で、強引なストレッチをしていると、筋肉に負担が強いられて、
結果的に筋肉の機能を損ねてしまう場合がありますので、要注意です。

 

他の時間帯としては、食後の30分程度はストレッチに向いていない時間帯になりま
す。

 

ストレッチだけでなく、入浴や、運動も、食後すぐはしないほうがいいと言われて
います。

 

物を食べてすぐにストレッチをすると、消化に回すべき血液が体のあちこちに散っ
てしまいますので、消化不良の原因になります。

 

ストレッチはダイエット効果を望みたい部分によって違いがあり、同じ方法でどこ
の体の部分にもダイエット効果があるというようなストレッチ方法はありません。

 

足、腕、ウエスト、お尻など、自分がダイエットしたい部分に適したストレッチ方
法を見つけることも、ストレッチによるダイエットにおいては大切です。