ダイエット効果

ダイエットに効果のある時間帯とは

効果的なダイエットをしたい時には、日々の食べ物や、運動をすることのほか、時間を気にした行動をするということがあります。

 

ダイエット効果が現れやすい時間帯がありますので、ダイエットの計画を立てる時には時間の要素も積極的に盛り込みましょう。

 

片っ端からダイエット効果があることを行うのではなくて、まずはどんな方法だと効果が出やすいかを考えることです。

 

代謝を高くすることで、ダイエットの効果が高まり、体重を減らすことが可能になります。

 

ダイエットにいいことをする時には、できるだけ代謝が高くなっている時間帯に焦点を当てるようにしましょう。

 

起きたばかりの時間帯が、最も代謝が高まっています。

 

そのため、午前中や、起きてすぐの時間帯が、エネルギー燃焼に適しています。

 

一旦食事が終わってから、またお腹がすき始めたと思うようになるまでの時間は、昼からより、朝からのほうが短時間になっています。

 

午前中の代謝は、午後よりも活発なので、お腹が空きやすいわけです。

 

エネルギーを消費する効率は、個々人によって体質に違いがあっても、昼のほうが10%ほど多くなっているといいます。

 

ダイエットをするなら、朝のうちのほうが効果が高いのはこのためです。

 

また、人体は就寝中が最も代謝が低くなります。

 

就寝前にカロリーのあるものを摂取すると太りやすくなるというのはこのためです。

 

食事の量をあまり減らしすぎたくはないけれど、ダイエットはは成功させたいという人は、食事は朝を多めにし、運動は午前中にすることです。

ダイエット効果のある季節について

春夏秋冬のどの季節にダイエットをスタートさせるかによって、ダイエット効果の出方が違うことは意外と知られていません。

 

秋になったら、冬にかけてダイエットをすることで、体重が減りやすくなります。

 

けれども、秋は収穫期に当たり、美味しい食べ物がたくさんスーパーに並ぶ季節となります。

 

冬から春は、新陳代謝が上がりやすく、脂肪の燃焼が行われやすくなっている季節なので、ダイエットには向いています。

 

ご存知のように、体の代謝が高いと同じ運動をしたとしてもエネルギーの消費量が多くなるので、ダイエット効果が高くなります。

 

季節の変化によって気温がうつりかわっても、人間の体温は大体同じくらいで推移しているものです。

 

ダイエットでは、変化する環境の中でも体温を保ちたいという人体機能を利用します。

 

寒い日でも、暑い日でも、人間の体温は同じです。

 

気温が低い時は、温かい日よりも、体温の維持にエネルギーが必要です。

 

気温が下がっている時でも、体温を同じ状態にしておくためには、カロリーを多く燃やす必要があります。

 

人間の体は、寒い日ほど体内のエネルギーをたくさん燃やそうとします。

 

体温を維持するために必要となる脂肪を蓄えておこうとする働きもあるため、太りやすくなっているのもこの時期なのです。

 

ダイエットを秋から冬にかけて実践する理由の一つとして、エネルギーを消費しやすい季節であると同時に、冬期に脂肪を蓄積しすぎないためのものといえます。

 

 

ダイエット効果と女性の月経周期の関係

女性のダイエットとその効果には、月経周期によるバイオリズムが大きく関わっています。

 

女性は自分の体の月経周期とダイエットとの関係を知るによって、より効果のあるダイエットをすることが可能になります。

 

女性の体は、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが常に分泌されています。

 

ダイエットにいいことをしても、効果がない時と、ある時とがある場合は、ホルモンの周期にかかわっています。

 

女性の身体は、月経が始まってからの2週間は、エストロゲンの活動が盛んです。

 

そして、排卵から次の月経までは、プロゲステロンの活動が盛んです。

 

エストロゲンが働いている時の体は活動的になります。

 

この期間は体が活動的であり、代謝や血行がよくなるので、ダイエットの効果がでやすくなります。

 

反対にプロゲステロンが働いているときは、体が休んでいる状態にあり、代謝や血行は悪くなってるので、あまりダイエット効果が期待できません。

 

エストロゲンが働いているときの方が、ダイエット効果が生まれやすいということが言えます。

 

ダイエットの効果が実感しづらいだけでなく、体にダメージが蓄積しかねないのが、プロゲステロンが分泌されている時期です。

 

ダイエットを成功させるためには、生理周期を確認して、エストロゲンが多く分泌されている時にするといいでしょう。

 

しばらく経ってプロゲステロンが働きだしたら、ダイエット効果を求めるのでは無く、体重維持に努めるようにすると良いでしょう。